リーチ型フォークリフトのメリットとデメリット - フォークリフト免許資格を取得しよう

リーチ型フォークリフトのメリットとデメリット

リーチ型フォークリフトが持つメリットとデメリットについて、ご紹介したいと思います。

ちなみに、リーチ型フォークリフトの「リーチ」とは、手や腕を伸ばす、ある地点や目的地に届く、また目的を達成するなどの意味になります。

まず、フォークリフトは大きく分類すると、カウンター式のフォークリフトとリーチ式のフォークリフトとに分けることができます。

リーチフォークリフトは基本的に運転手が立って乗るタイプのフォークリフトになり、その点がカウンター式のフォークリフトとの違いといえますが、中には座って操作する種類もあります。

リーチフォークリフトの主な特徴には、停止した状態でも爪の部分が伸び縮みできることがあり、そのような構造であるために最小回転半径が小さく、狭い作業場所、例えば倉庫などにおいて絶大な力を発揮します。

このようにリーチ式フォークリフトの長所には、カウンター式のフォークリフトよりも小回りが効く点がありますが、また動力源がバッテリー式で電気を使用するため、排気ガスなどを排出しないので環境に優しい点も長所として挙げることができます。

リーチフォークリフトに採用されているブレーキのシステムは、デッドマンブレーキと呼ばれる、ペダルを放すことによりブレーキを効かせることができる装置が装備されています。このブレーキ方式によって、運転者が運転台から離れた場合に、車両の逸走を防止する効果があります。

一方、リーチフォークリフトにも短所がないわけではありません。まず、ディーゼルエンジンなど内燃機関式のものよりも連続稼働時間が短いという点があります。

またパワーの点でも、リーチフォークリフトの場合電力使用のバッテリー式だけなので、動力が内燃機関式のものと比べると劣ります。加えて、バッテリーに給水が必要である点や、さらに初期導入のコストが高価であることも挙げられるでしょう。

このようなリーチフォークリフトにおける短所は、バッテリー式の電動であることに伴う弊害が顕著に現れている結果といえます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © フォークリフト免許資格を取得しよう All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます